【デザイナーの収入事情】フリーランスから正社員までの収入の現実

グラフィックデザインで稼ぎたいけど、「正社員の年収てどのくらいなの?、フリーランスの年収は?、何を学んで良いか分からない、、、」こういった疑問に答えるよ。

✓本記事の内容
1.グラフィックデザイン業正社員の年収
2.収入は実績の後についてくる理由
3.就職の不安
4.フリーランスの年収
5.学生向け学習方法
6.学生が学ぶべきスキル
7.まとめ

この記事を書いている僕は、デザインの専門学校卒業して4年ほど。

独学と専門学校で学んだ、知識と経験があります。

こういった私が、解説していきます。

目次

■:グラフィックデザイン業正社員の年収

【年収】

グラフィックデザイン業界では、正社員の年収は約400~600万円程だよ。

この業界では、デザインスキルの向上が高い年収に繋がるよ。

具体的には、「新しいソフトやツールを学んだり、トレンドや技術を追いかけたりする事が重要なんだ。」

そうする事で、よりクリエイティブな仕事に関われるようになるんだよね、そのためには時間と労力も必要になるんだ。

また、優れたポートフォリオを持つ事も重要だよ。

ポートフォリオは、自身の作品やスキルをまとめたもので、就職や昇進の際にも大きな影響を与えてくれるんだ。

充実したポートフォリオを作成するには時間と労力が必要で、その努力は自己アピールに繋がるから価値があるんだよね。

さらに、デザイン業界にはいろんな職種があって、自分に合ったキャリアパスを選ぶ事が大切なんだ。

デザイナーやウェブデザイナー、アートディレクターなど、たくさんの選択肢があるから自分の夢に向かって進んでいく事が大切になるんだ。

でも、一度選んだキャリアパスには制限があるから、慎重に考える事も必要だね。

順を追って、これらのポイントを分かりやすく具体的にかみ砕いて説明するよ。

【デザインスキルの向上】

どういった事なのか?

デザイン業界では、高度なスキルが高い年収に繋がるよ。

デザインのソフトウェアやツールを熟知し、常に新しいトレンドや技術を学ぶ事で、自身の価値を高める事が出来るよ。

[具体例]

デザインの世界では、新しい事を学ぶ事が大切なんだ。

例えば、「コンピューターのソフトやツールを使えるようになったり、最新のトレンドや技術を知る事が大切なんだよ。」

これにより、自分の力を向上させる事が出来たり。

新しいアイデアを持つ人や、クリエイティブな作品を作れる人は、デザインの仕事をたくさん受けらるんだ。

そして、それによって収入も増えて行くよ。

✓メリットとデメリット

メリット:「クリエイティブな仕事」

デザインスキルの向上により、クリエイティブな仕事に携わる機会が増えるよ。

デメリット:「時間と労力の必要性」

スキルの向上には時間と労力が必要であり、努力が必要なんだ。

【ポートフォリオの充実】(正社員昇給ver)

どういった事なのか?

優れたポートフォリオは、正社員としての就職や昇給に影響するよ。

自身の作品をまとめ、クオリティの高いポートフォリオを作成し、デザインスキルやアイデア力をアピールしよう。

[具体例]

ポートフォリオは、自分の作品やスキルをまとめたポケットのような物なんだ。

例えば、「絵を描いたり、写真を撮ったり、作文を書いたりした物を、ひとつのフォルダや本にまとめて入れる事が出来るんだ。」

これによって、自分の得意な事や興味のある事を見せる事が出来て。ポートフォリオは、就職や進学の時にとても役立つアイテムなんだ。

企業や学校は、ポートフォリオを見て、君達の能力や才能を知る事が出来るんだ。

だから、ポートフォリオを作る事は、自分をアピールするための大切なステップなんだよね。

✓メリットとデメリット

メリット:「自己アピール」

ポートフォリオを充実させる事で、自分のデザインスキルやアイデア力を効果的にアピール出来るよ。

デメリット:「時間と労力」

充実したポートフォリオを作るには時間と労力が必要であり、その作成には多くの労力が掛かるよ。

【キャリアパスの検討】

どういった事なのか?

デザイン業界には様々な職種があるんだ。

デザイナーだけでなく、ウェブデザイナーやアートディレクターなどの職種も多数あるんだよね。

自身の興味や適性に合ったキャリアパスを選んで、目指す職種に向けて努力しないと行けないんだ。

[具体例]

デザイン業界には、いろいろなデザインの仕事があるよ。

例えば、「デザイナーだけでなく、ウェブのデザインやユーザーの使いやすさを考えるデザイナー、そして企画やデザインを指揮するアートディレクターなどがいるんだ。」

自分が何に興味があって、どんな事が得意かを考えて、自分に合った仕事を見つける事が大事になるんだ。

そして、その仕事に向かって努力していく事が大切なんだ。自分の目指す夢に向かって、一歩ずつ進んでいこう!

✓メリットとデメリット

メリット:「自分の希望に沿った仕事が見つかる可能性が高まる」

自分の興味や適性に合った職種を選ぶ事で、仕事に対するモチベーションが高まるよ。

デメリット:「選択肢の制限」

一度キャリアパスを選択すると、その道以外の選択肢が制限される場合があるんだ。


あと、将来の変化や新しい興味に対応する余裕がなくなる可能性があるよ。

■:収入は実績の後についてくる理由

結論から言うと、収入ばかりに目を取られていたら収入は増えないよ。

収入について考えるのはとても生きて行く中で、大事な事だよね。

だけど、収入ばかりに気を取られていると大事な事を見失っちゃうんだよね。

例えば、「求人票を見て給料が高い所に入社してみたらブラックな会社だったなんて言う噂を、耳にしたりした事ないかな?」

『そんなの入社してみないと分からないじゃん』ってツッコミたくなるよね。
確かにその通りだよ。

でも、僕が言いたいのは給料ばかりに気を取られて、人間関係や会社の環境、そして、本当に自分がしたい事なのか、という点を見失っていないかと言う事を、伝えたかったんだよね。

そして、収入は実績を出せば自ずと上がるんだ。

それは、簡単な事なんだ!

君達が会社の社長だとしたら。

利益を出した社員に感謝したくならないかな?

だから、その感謝が給料に感謝料として追加され収入も増えるていう仕組みになるんだ。

なので、実績を作れば収入は自然と上がって行くて事なんだよね。

■:就職の不安

【情報収集と選択肢の整理】

どういった事なのか?

就職先を決めるためには、まずは様々な情報を集め、自分が興味を持つ分野や企業を洗い出そう。

ウェブサイトやSNS、求人情報サイトなどを活用して、就職先の選択肢を整理し、比較する事が重要だよ。

そして、自分に合った環境や業界を見つけるために、積極的に企業説明会やイベントに参加してみよう。

[具体例]

情報収集は就職先を決めるための大切なステップになるんだ。

ウェブサイトやSNS、求人情報サイトなどを利用して、自分が興味を持つ分野や企業を探してみよう。

例えば、「インターネットで(デザイン会社)を検索すると、多くの企業の情報が出てくるよね。その中から自分に合いそうな企業をピックアップしよう。」

また、企業説明会やイベントに参加する事で、企業の雰囲気や仕事内容を直接知る事が出来るぞ。

これらの情報を比較して、自分に合った就職先を見つけよう。

✓メリットとデメリット

メリット:「情報収集」

様々な職業や企業の情報を収集し、自分に適した職場を見つける手助けになるよ。

デメリット:「過剰な情報」

情報が過多になると、選択肢を絞り込むのが難しくなる可能性があるよ。

【自信をつけるための取り組み】

どういった事なのか?

就職出来るか不安な気持ちは、自信不足から来てる可能性があるかもしれないね。

自分のスキルや経験を振り返り、自信をつけるための取り組みをしてみよう。

スキルアップのための勉強や練習、インターンシップやボランティア活動など、自己成長につながる活動に参加する事で、自信をつける事が出来るよ。

[具体例]

自信をつけるための取り組みは大切なんだ。

たとえば、自分のスキルや経験を振り返ってみよう。

そして、以下のような活動に参加する事で、自信をつける事が出来るよ。

1.【スキルアップの勉強や練習】

デジタルデザインに関する勉強や練習を積む事で、自信をつける事が出来るよ。

例えば、「ウェブサイトや本を利用して、新しいテクニックやツールを学んでみよう。」

2.【インターンシップ】

デザイン会社やクリエイティブエージェンシーでのインターンシップに参加する事で、実践的な経験を積む事が出来るよ。

実際のプロジェクトに関わる事で、自信をつける事が出来るよ。

3.【ボランティア活動】

デザインスキルを活かして、地域の団体や非営利団体でボランティア活動に参加する事も良い方法だよ。

自分の力で他人を助ける事で、自信をつける事が出来るよ。

これらの取り組みを通じて、自己成長を実感し、将来のデザインキャリアに自信を持つ事が出来るんだ。

✓メリットとデメリット

メリット:「スキルの向上」

様々な活動に参加する事で、デザインスキルや他の能力を向上させる事が出来るんだ。


これにより、自信を持って将来の仕事に取り組む事が可能になるよ。

デメリット:「リスクの存在」

新しい事に挑戦する事はリスクを伴うよ。


失敗や挫折があるかもしれない、それでも自信を持ち続ける事が重要になって来るんだ。

【ポートフォリオの充実】(就職ver)

どういった事なのか?

ポートフォリオは自己PRの重要なツールなんだ。

ポートフォリオを充実させるためには、自分の作品やプロジェクトを多く集め、丁寧に整理しよう。

また、ポートフォリオを作るだけでなく、作品の背景や制作意図などを説明出来るように準備し、面接や選考でアピール出来るようにしておこう。

[具体例]

ポートフォリオは、自分の作品やプロジェクトを集めて整理する大切なツールなんだ。

たくさんの作品を集めて、それぞれをきれいに整理してみよう。

そして、作品を作った理由や背景などもしっかり説明出来るようにしてね。

面接や選考の時に、自分の作品を説明してアピールする事が大事なんだ。

ポートフォリオを準備する時は、自分の作品について考えながら整理してみようね。

✓メリットとデメリット

メリット:「アピール力向上」

充実したポートフォリオは、面接や選考で自己PRがしやすくなるよ。

デメリット:「時間と労力の投入」

ポートフォリオの充実には時間と労力が必要であり、他の学習や活動に割ける時間が減ってしまうよ。

■:フリーランスの年収

【年収】

フリーランスのグラフィックデザイナーの年収は約300~400万円とされているよ。

デザインスキルの向上は将来の仕事に自信を持つために重要であり、オンラインコースやチュートリアルを利用して基礎から応用まで学ぶことが推奨されているんだ。

さらに、優れたポートフォリオの作成も重要であり、自身のデザイン作品をまとめてアピールすることで仕事を獲得しやすくなるよ。

フリーランスとして活動する場合、自己マーケティング能力も不可欠であり、SNSやウェブサイトを活用して自己PRを行うことが勧められるんだ。

【デザインスキルの向上】

どういった事なのか?

デザインのスキルを磨く事で、自信を持ってクライアントや雇用主にサービスを提供出来るようになるよ。

オンラインコースやチュートリアルを活用して基礎から応用まで学ぼう。

[具体例]

デザインのスキルを伸ばす事は、将来の仕事で自信を持つための大切なステップです。

例えば、「オンラインコースやチュートリアルを利用する事で、デザインの基礎から応用まで学べます。」

YouTubeやUdemyなどのサイトでは、無料や安いレッスンがたくさんあります。

自分の興味や必要に応じてコースを選んで、自分のペースで学ぶ事が出来ます。

その結果、デザインのスキルが向上し、将来の仕事に自信を持つ事が出来ます。

✓メリットとデメリット

メリット:「将来のキャリアに有益」

デザインスキルの向上は、将来のデザイン関連の仕事に就くための基盤を築くのに役立つよ。

デメリット:「時間と労力の必要性」

デザインスキルを向上させるには、継続的な学習と実践が必要だね。そのため、時間と労力を費やす必要があるんだ。

【ポートフォリオの充実】(フリーランスになる為のver)

どういった事なのか?

優れたポートフォリオは仕事を獲得するための重要なツールなんだ。

自身のデザイン作品をまとめ、実績やスキルをアピール出来るようなポートフォリオを作成しよう。

[具体例]

ポートフォリオは、デザインの仕事を手に入れるための大切なツールなんだ。

自分の作ったデザインをまとめて、自分の得意な事や経験を見せる事が出来るんだ。

例えば、「好きなキャラクターを描いたり、自分で作ったウェブサイトのデザインを載せたりする事が出来るんだ。」

そうする事で、デザインの力をアピール出来るよ。自分のポートフォリオを作って、将来のデザイナーになる夢に近づこう!

✓メリットとデメリット

メリット:「自己PRの強化」

優れたポートフォリオは自身のスキルや実績をアピール出来、就職活動や仕事の獲得に役立つよ。

デメリット:「時間と労力の投入」

ポートフォリオの作成には時間と労力が必要であり、そのために他の学習や活動に割く時間が減る可能性があるよ。

【マーケティング能力の向上】

どういった事なのか?

フリーランスとして活動する場合、自己マーケティングがとても重要になるんだ。

自身のブランドを構築し、SNSやウェブサイトを活用して自己PRを行おう。

[具体例]

フリーランスとして活動する場合、自分自身を売り込むためには、自己マーケティングがとても大切なんだ。

自分のブランドを作るために、自分の特徴や得意な事を考えよう。

そして、SNSやウェブサイトを使って、自分の作品やスキルを紹介しよう。

SNSでは、自分の作品を投稿したり、デザインに関する情報をシェアしたりする事で、たくさんの人に自分の存在を知ってもらう事が出来るよ。

また、自分のウェブサイトを作る事で、より詳細に自己紹介をする事が出来るようになるよ。

これらの方法を使って、自分の魅力をアピールして行こう。

✓メリットとデメリット

メリット:「自己ブランディング強化」

マーケティング能力の向上により、自身の特長やスキルをより魅力的に伝える事が出来、求人市場での競争力が向上するよ。

デメリット:「時間と労力の投入」

自己ブランディングには多くの時間と労力が必要であり、学業や他の活動との両立が難しい場合があるよ。

■:学生向け学習方法

【興味を中心に学習テーマを選ぶ】

どういった事なのか?

興味があるデジタルデザインに関連するテーマから始めると、学習が楽しくなるんだ。

例えば、「デジタルデザインに欠かせないイラストレーションや画像編集ソフトの基礎から学ぶと良いんだよね。」

[具体例]

デジタルデザインでは、イラストレーションや写真の編集を通じて、自分のアイデアを表現する力が身につくよ。

これは将来デザイン業界で求められるスキルであり、自信を持つための一歩になるんだ。

✓メリットとデメリット

メリット:「学習意欲の向上」

興味があるテーマに基づいて学習する事で、学習意欲が高まるよ。

デメリット:「知識の偏り」

興味に基づいて学習するため、他の重要な分野の知識が十分に身につかない場合もあるよ。

【デザイン思考を取り入れた学習】

どういった事なのか?

デジタルデザインを学ぶ際には、デザイン思考を取り入れる事が有効だよ。

学習やプロジェクトにデザイン思考を適用する事で、問題解決やアイデアの創出に役立つよ。

[具体例]

デジタルデザインを学ぶときは、デザイン思考を取り入れると良いんだよね。

例えば、[ウェブサイトの制作プロジェクトでは、まずユーザーのニーズを理解し、そのニーズに合ったデザインを考えるんだ。]

ユーザーがサイトを使いやすく感じるように、デザインの工夫を凝らします。

このように、デザイン思考を使う事で、問題解決に役立ち、新しいアイデアを生み出す事が出来るよ。

✓メリットとデメリット

メリット:問題解決力の向上」

デザイン思考を取り入れた学習は、問題解決能力を高めるよ。


問題に対して創造的な解決策を見つける力が身につくんだ。

デメリット:「ゼロベースの創造に不向き」

デザイン思考は既存の観点から新たなアイデアを生み出すため、全く新しいアプローチが必要な場合には向いていないんだ。

【学習環境の整備】

どういった事なのか?

学習環境の整備も重要だよ。

静かで集中出来る場所を確保し、学習に集中出来る環境を整えよう。

また、学習に関連するものを整理整頓しておく事も効果的だよ。

[具体例]

学習するときには、静かな場所で勉強する事が大切なんだ。

静かな場所を見つけて、そこで勉強すると、集中しやすくるんだ。

机や本など、勉強に必要なものを整理しておくと、学習がスムーズに進める事が出来るよ。

✓メリットとデメリット

メリット:「集中力向上」

静かな場所での学習は集中力を高めるよ。


集中出来る環境で学習する事で、効率的に知識を吸収出来るんだ。

デメリット:「コストと時間の要求」

静かで集中出来る環境を作るためには、コストと時間がかかる場合があるよ。


特に、学習スペースを確保するために場所を借りる必要がある場合、コストが高くつく事があるんだ。

■:学生が学ぶべきスキル

【スキルと勉強の違いを理解する】

どういった事なのか?

スキルは、特定の能力や技術を指し、実践によって獲得出来るよ。

一方、勉強は知識や理論を習得する過程を指すんだ。

デジタルデザインの場合、スキルは具体的なソフトウェアの使い方やデザイン原則の実践によって身につけられるよ。

勉強は、デザインに関する書籍やオンラインコースを通じて理論や概念を学ぶ事が含まれるよ。

[具体例]

スキルは、特定の能力や技術を指し、実践によって獲得されるんだ。

例えば、「デジタルデザインの場合、Adobe(Photoshop)や(Illustrator)の使い方をマスターする事や、デザイン原則に沿ったレイアウトを作成する能力がスキルなんだ。」

勉強は知識や理論を習得する過程を指し、デジタルデザインの勉強では、デザインに関する書籍やオンラインコースを通じて、カラー理論やデザイン原則などの概念を学ぶ事が含まれるんだよね。

具体的な例を挙げると、「デジタルデザインのスキルを身につけるためには、(Photoshop)や(Illustrator)の使い方を実際に試しながら練習する事が重要なんだ。」

勉強では、デザインの歴史やデザイン理論についての本を読んで理解を深める事がポイントだよ。

このように、スキルと勉強は異なるが、両方ともデジタルデザインの世界で成長するために重要な要素なんだ。

✓メリットとデメリット

メリット:「スキル」

・実践的な能力を習得する事が出来るよ。

・仕事やプロジェクトで即座に役立つ事が出来るよ。


・実務経験を積む事で、自信を深める事が出来るよ。

デメリット:「スキル」

・実践的な経験が不足している場合、理論だけでは実務に対応出来ない事があるよ。


・スキルの習得には時間と労力が掛かるんだ。


・実践的な経験を積む機会が限られている場合、スキルが停滞する可能性があるよ。

具体例

デジタルデザインのスキルを身につける事で、具体的なデザイン作業を行えるようになるんだ。

メリット「勉強

・理論や概念を理解する事が出来るよ。


・複数の視点から問題を解決する能力を養う事が出来るよ。


・専門的な知識を身につける事が出来るよ。

デメリット:「勉強」

・理論や概念を理解しても、実践的な能力に直結しない場合があるよ。


・理論だけでは問題解決に役立たない事があるよ。


・専門的な知識を得るためには時間が掛かるんだ。

具体例

デザインの歴史や理論を勉強する事で、デザインに対する理解が深まるよ。

【キャリアデザインを考える】

どういった事なのか?

学生のうちから、将来のキャリアに向けて準備をする事が重要なんだ。

キャリアデザインとは、自分の目標や希望する職業に向けて必要なスキルや経験を計画し、積極的に取り組む事なんだよ。

デジタルデザインの分野では、実務経験やポートフォリオの構築などが重要な準備となるよ。

[具体例]

将来の夢や目標を実現するためには、今から準備をする事が大切だよ。

キャリアデザインとは、自分の将来の仕事や職業をイメージし、そのために必要なスキルや経験を計画する事なんだ。

例えば、「デジタルデザインの分野で働きたいならば、以下のような準備が重要だよ。」

実務経験:デザインの仕事を体験する事が大切なんだ。自分のアイデアを実際に形にする経験を積む事が必要だよ。

ポートフォリオの構築:自分の作品をまとめたポートフォリオを作成しよう。作品集を持っていると、就職活動や仕事の際にアピールポイントになるんだ。

✓メリットとデメリット

メリット:「自己成長の促進」

キャリアデザインは、自分の将来を自分で設計する事を意味するよ。


自分の興味や能力に基づいてキャリアパスを選択する事で、自己成長が促進されるようになるよ。

デメリット:「不確実性への対応」

現代の環境では、将来の不確実性が高まっているよ。


キャリアデザインを行う際には、将来の変化に柔軟に対応する必要があるよ。

■:【まとめ】

ここまで読んで頂きありがとうございました。

生きて行く上で、収入て大事な条件になって来ますよね。

僕も学生時代は、収入ばっかり気にしながら求人票を良く見ていました。

ですが、収入に囚われず自分が居心地が良いと思える環境で働けるのが一番ストレスなく、働けると思っています。

学生のうちに、そんな事言われても響かないですよね。

僕もそうだったので、当たり前だと思います。
なので、頭の片隅にでも知識として入れておくと、いつか皆さんが気づいた時に共感出来る日が来ると思います。

今回は収入を上げる仕組みを、まとめさせて頂きました。

今後も、皆さんの役に立つ情報を発信して行くので、よろしくお願いいたします。

本記事の内容をまとめると、収入は大事だけど前提として、やっぱり準備が何より大事という事をお伝えしました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次